オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

尿酸を予防しよう

サプリ

痛風とは
痛風とは尿酸が体内にたまり、それが結晶となって関節炎を伴う症状になる病気のことです。
尿酸は新陳代謝によって生まれる廃棄物で、健康な人でも尿酸は常に体内にあるのです。
結晶が関節部分からはがれると、白血球が異物とみなして攻撃を行うのです。
攻撃により酵素や活性酸素が放出され、激しく痛む原因となるのです。
症状としては、指関節、付け根、くるぶし、足の甲などが挙げられ、病む箇所は熱を伴うことが多く、ほとんどの人が足の親指から症状があらわれるのです。

発症しやすい人と原因
痛風は、仕事を活動的にこなすタイプの人やストレスを溜めやすい几帳面なタイプの人が発症しやすいです。
男性の発症率が高く、30代から40代が発症する一番多い年代です。
女性の発症率が少ないのは、女性ホルモンに尿酸の排泄を促す働きがあるからです。
お酒の飲みすぎは、尿酸の生産を増やし排出を妨げるだけでなく、アルコールの摂取そのものが良くないです。
また、塩分や糖分を摂りすぎる偏った食事、暴飲暴食も発症を引き起こす要因です。

予防法について
痛風を予防するには、尿酸をきちんと排出させることが大切で、毎日2リットルを目安に水分を補給するのが良いでしょう。
尿酸値の上昇を避けるためにも激しい運動は控えるようにし、適度な運動を欠かさず行うことが大事です。
サプリは気軽に始められ、サプリの代表格はクエン酸です。
クエン酸は尿をアルカリ化させる作用があり、尿酸が尿中に溶けやすくなることで排出しやすくなるのです。
EPAは抗炎症作用があることから、発作の時にサプリを摂取するのが良いです。
1日3食の食事を基本にサプリを補助として使用するのが望ましいです。

予防方法

痛風

痛風とは
痛風とは、体内に尿酸が溜まり結晶化することによって激しい痛みが出る病気です。
主に足の付け根などが腫れて痛みが出てくるのが特徴です。
血液の尿酸値が高い状態が続くことを高尿酸血症と言いますが、高尿酸血症を放置しておくことで痛風となりやすく、多くの場合、発作のように突然激しい痛みが出てくるようです。
適切な治療や予防をせずに放置しておくと痛みが繰り返され、腎臓などにも尿酸が溜まりやすいため障害が出てくることがあります。

予防に必要なこと
痛風は女性よりも男性に多い病気です。
女性は男性に比べて尿酸の血液中の濃度が低いと言われています。
この病気を予防するには尿酸が多く含まれているプリン体の摂取を控えることが重要です。
特にビールにはプリン体が多く含まれているので、アルコールを飲む人は注意が必要です。
肉類や魚介類の中にもプリン体を多く含んでいるものがあります。
また、尿路結石なども出来やすいと言われているため、緑黄色野菜や海藻類などを多く摂り、尿をアルカリ性に近づけることが大事です。

サプリで補う方法
最近ではサプリメントなどを使って、足りないものを補う予防方法もあります。
サプリメントは、医薬品ではなく健康補助食品です。
現在、数多くのサプリメントが販売されていますが、自分の症状に合うものを探し、足りない栄養分などを補う形で摂取することが大事です。
痛風の予防にはアミノ酸やクエン酸などが効果があると言われています。
しかし、体に痛みや異変を感じた時には、重症化する前に病院で適切な検査と治療を受けることが重要です。